作業員

害獣駆除は業者がスピーディーに行なってくれる|安全な環境にしよう

被害が広がるのを止めよう

女性

生活環境だけでなく、人体にまで悪影響を与えてしまう動物が住み着いている時は、害獣駆除をするしかありません。業者なら許可の申請から作業まで全て行なってくれるため頼れます。

View Detail

穴を塞ぐことが大切

男性

小さな穴だからと言って油断してはいけません。害獣は、大人の拳1つ分の穴から家の中まで入ってきてしまうのです。害獣駆除の際に穴を塞いでもらうことは勿論ですが、周囲にも侵入経路がないかチェックしてください。

View Detail

許可後にすぐ駆除開始

スプレー

害獣駆除は、自力でやる場合にある程度の関門があります。害獣の正体や駆除申請書類の提出に対策グッズの特性の把握です。これらを事前にいっていれば効果的に二度と害獣が寄ってこない環境を作れます。

View Detail

害獣の特徴

一軒家

日本にはネズミやハクビシン、コウモリやもぐらなどの様々な害獣がいます。それらの被害で困っている方は数多くいるでしょう。ネズミだと天井裏を走り回り就寝の邪魔になります。それだけでなく、柱を歯で傷つけてしまうのです。ハクビシンの場合は、天井裏や床下を住処にして尿や糞で汚してしまいます。生活環境が悪化してしまうことが分かるでしょう。
このように害獣は人々の暮らしに様々な影響を及ぼしてしまうのです。安心して生活をするためには業者に害獣駆除をしてもらうしかありません。

害獣駆除をしてもらう前にまず、生態について詳しく知っていた方が良いでしょう。種類によって全く特徴が違い、駆除方法が変わるからです。
ネズミはサイズが小さいため、穴があるとすぐに侵入してくるでしょう。5センチというわずかな穴からも入ってくるため、ネズミによる被害が最も多いです。行動は夜にすることが多く、人が寝静まった頃を見計らって家の中を動きまわります。しかし、警戒心が強いため壁際を歩き、部屋の中心を通ることはほとんどありません。動きがすばしっこく手で捕獲するのは難しいでしょう。業者に依頼をすると粘着シートを100枚以上使用して捕獲してくれます。個人的に捕獲をする場合粘着テープは、10枚程度しか使用しないため業者の方が高確率で捕まえてくれます。

このように生態によって特徴は違いますので、害獣について知ることが大切ということが分かるでしょう。業者は特徴に詳しいためいろいろな話しを聞いてみると良いでしょう。